ピンクゼリーを病院でもらう場合の値段は?

SS研究会のピンクゼリーを病院で処方してもらう場合の値段は10800円です。
ピンクゼリーの値段は基本的に全国どの病院でも変わりません。

 

しかし、病院で処方しているのはSS研究会に参加している産み分け指導を行っている
産婦人科のみになるのではないかと思います。

 

ピンクゼリー自体は約5回分で10800円ですが、病院で処方してもらう場合は
その他にも初診料などが必要になるので実際にはもう少し高くなるでしょう。

 

近くに産み分け指導を行う病院がない場合は通販でもピンクゼリーを購入できます。
その場合は杉山産婦人科を始めとしたSS研究会が運営するネットショッピングである
「産み分けネット」から通販で購入することができます。

 

産み分けネットでの販売価格も病院と同じで10800円ですが、SS研究会の公式通販である
産み分けネットで購入する場合は初回の登録手数料が必要になります。
それが5000円程度なので病院で処方してもらう場合と値段的には大差ありません。

 

ちなみにピンクゼリーだけでなく男の子の産み分けゼリーであるグリーンゼリーも同じです。

 

産み分けゼリーは杉山産婦人科のピンクゼリー以外にもいくつかありますが、
比較してみても杉山産婦人科のピンクゼリーの値段は高めに設定されています。

 

おそらく、これまで産み分けゼリーのパイオニアとして数々の産み分け成功事例を
出しているピンクゼリーなので、値段よりも成功確率重視といったところでしょうか?

 

とは言っても産み分けゼリーの仕組みを考えると、そこまでゼリーの違いによって
成功確率に大きな違いは出ないと個人的には思っています。

 

病院でしっかりと産み分け指導をしてもらって、医師にアドバイスをもらいながら
産み分けにチャレンジしたい方は病院に通ってついでにピンクゼリーを処方してもらうのが
おすすめですが、自宅で産み分けをしたい方は通販でも産み分けゼリーは購入できるので、
通販で購入して産み分けを実践してみるのもいいかもしれません。

 

病院で処方してもらうよりも値段は通販のほうが安く購入できますよ。

 

 

>>通販で購入できるピンクゼリーはコチラ